こんにちは、『青春マスマティック』を運営しているRascalラスカル@Rascal_Blog)です!

シェアハウスでつけられたニックネームなのですが、気に入ってしまいました笑

 

ここでは僕のこと、そしてこのサイトのことを少しだけお話しさせて下さい。

 

Rascalの好きなこと

 

  • アップル製品をこよなく愛し、服はアディダスかZARAでしか買いません。
  • 効率化を重視していて、とにかく自分の時間を大切にしています。
  • テレビは全く見ませんが、America’s got Talentという番組が大好き。
    人が夢を叶える瞬間というものは、いつ見ても感動します・・・。

 

Rascalの経歴

 

経歴と呼べるほどのものではないですが、このサイト開設までの僕の歩みを紹介します。

 

■小学校

学校から家まで裸足で帰ったり、校長室の常連になったり、とにかく変な子。
記念受験で受けた中高一貫校の入試で背負い投げされました。

 

■中学校

中高一貫校の入試に落ちたので、家から徒歩3分のヤンキー中学校に。
ポケットモンスタープラチナを発端に、学校全体を巻き込む大問題(笑えないやつ)を引き起こしました。

中学3年のときに、死ぬ気で勉強。「お前には無理」と担任に言われていた高校に入学しました。
このとき数学は好きでしたが、メインウェポンは文系科目。

 

■高校

入学したものの、中学とのギャップでクラスで浮く。モテ期が来るも、あまりの浮き具合に一気に収束。
一応理系に進みましたが、授業についていけず数Ⅲの時間に古典やってました。

 

■闇期

とりあえず苦手な数学は解法を暗記し、文系の大学を受験。センターの結果ではB判定でしたが、2次試験の時、苦手な確率の問題をみて「あ、無理だ」と察して無事死亡。

「学校一努力してる」と先生たちに褒められていましたが、滑り止めのどFラン大学へ。そして鬱。

見かねた親が予備校に入学させてくれ、夏から再び受験生に。

 

■転換期

残り半年で受験という微妙なラインでスタートした再受験生活。そんな時、恩師のサインコサインの授業を受け、「数学はこんなことを言っていたのか」と感動。同時に教師への失望が膨らみ、数学教師を目指すように。

3ヶ月で数Ⅲまで一気に終わらせ、2度目の受験ではセンター9割、二次試験満点を叩き出す。

 

■大学〜今

大学4年間で数学教育・認知心理学・数理統計学を専門に学ぶ。小・中・高の数学教員免許を取得し、採用試験に受かるも、教育実習中の現場のうんこさに失望。

とりあえず一回社会人を経験しよう、と新米プログラマーとして飛び出す。

 

ブログを始めたきっかけ

 

アップル製品を買いまくっていたので、レビューなどを投稿したいという思いから、最初趣味用のブログを立ち上げました。

Yahoo!ニュースで取り上げられたり、iPhoneXS発売時にかなり多くの人に見ていただいたりと、大きな経験をさせてもらいましたね。

 

そのブログを更新していく中で、人の夢をもっと応援できるメディアを作れないかと思うように。

 

そして自分をふと振り返ったときに、

自分は数学で一度挫折したけど、向き合い方を変えたら強い味方にできた

という経験がありました。

 

勉強が全てではない、これは確かですが、同時に、勉強ができれば余計な苦労は減るというのも事実です。

未来ある青年少女たちが夢を叶えるとき、障壁として勉強があってはいけないと思いました。

 

中でも数学は

  1. 本質に着目すれば、暗記量がぐっと減り、正答率も挙げられる
  2. だがその本質を教える側には、多くの時間と知識が必要
  3. 今の学校現場では、先生たちがその時間を確保できないくらい雑務が多い
  4. だから数学の本質がおろそかになる

という悪循環が起きています。

 

今の僕にできること、それはそんな先生たちが伝えきれなかった本質を、文章にして伝える事だと考えました。

誤字脱字はあるし、読みにくい、つたない文章であることは重々承知です。

それでも、「なるほど、先生はそう言いたかったのか」と1人だけでも言ってくれれば、このブログの役目としては十分だと思っています。

 

とはいえ、より多くの青年少女の方達に数学を武器にしてもらいたいので、これからも更新・リライトを頑張っていきますね。

 

最後に

 

なるべくコンパクトに記事を書くようにしていますが、伝えたいことが多いあまり、煩雑はんざつになることがどうしてもあります

その場合は、「記事が長すぎる」「この文章の意味がわからない」など、遠慮なくご指摘ください!

 

それでは今後とも、ご愛読よろしくお願いいたします。

お願いいたします!

\今回の記事はいかがでしたか?/

© 2020 青春マスマティック Powered by AFFINGER5