文系微分

【微分の計算法則】和・差・定数倍・定数・xのn乗の計算方法と証明

Today's Topic

$$\left(x^n\right)'=nx^{n-1}$$

$$\left\{k\,f(x)\right\}'= k\,f'(x)(kは定数)$$

$$\left\{f(x)\pm g(x)\right\}'= f'(x)\pm g'(x)$$

$$k ' = 0\ (kは定数)$$

(※見切れている場合はスクロール)

 

ここでは微分の基本的な計算法則を見ていくよ。
これをマスターするとどうなるの?
小春
そうだね、微分公式をさらに簡単にすることができるかな!
なるほど、避けては通れない道ってことね・・・。
小春

 

この記事を読むと、この意味がわかる!

  •  関数\(f(x)=x^3-2x^2+1\)を微分せよ。
  •  関数\(\frac{1}{3}x^3-2x^2+x\)を微分せよ。

答えは最後にあるよ。

 

\(x^n\)の微分

 

最初に\(x^n\)の導関数を紹介しておきましょう。

この公式はとっても覚えやすい形をしています。

 

ポイント

$$\left(x^n\right)'=nx^{n-1}$$

 

イメージとしては、肩の荷を前に下ろして、1軽くするという感じ。

x^nの微分公式

 

ただし、この公式の証明は少しハードルが高いです。

文系の方であれば、コツさえ掴めば指数\(n\)が自然数であれば証明できるでしょう。

 

しかしどんな数のときでも、この公式が成り立つという証明には、数Ⅲの知識をかなり取り入れる必要があるのです・・・。

 

この証明は少し長くなるので、別記事で取り扱いますね。

【べき乗の微分公式】証明と考え方→数の集合に注目し、微分公式を総動員!

続きを見る

数ⅡBと書いてあるところは、文系さんでもマスターできますよ!

 

 

例題

\(f(x)=\frac{2}{3}x^6\)とする。\(f'(x)\)を求めよ。


(解答)\begin{align} f'(x) &=\left(\frac{2}{3}x^6\right)' \\\ &= 6\cdot \frac{2}{3} x^{(6-1)}\\\ &=4x^5\\\ \end{align}

 

定数倍された関数\(kf(x)\)の微分

 

\(k\)を定数としたとき、次のことが成り立ちます。

定数倍された関数の微分

$$\left\{kf(x)\right\}'= kf'(x)$$

 

これは導関数の定義から、ほとんどそのまま求められるので大して難しくありません。

\begin{align} \left\{k\,f(x)\right\}' &= \lim_{h\rightarrow 0}\frac{k\,f\left(x+h\right)-k\,f\left(x\right)}{h}\\\ &= \lim_{h\rightarrow 0}k\left(\frac{f\left(x+h\right)-f\left(x\right)}{h}\right)\\\ &= k\cdot\lim_{h\rightarrow 0}\frac{f\left(x+h\right)-f\left(x\right)}{h}\\\ &= k\,f'(x)\\\ \end{align}

(※見切れている場合はスクロール)

 

つまり関数が何倍されようとも、微分すれば直接影響しないということですね。

 

例題

\(f(x)=2x^2+4x\)を微分せよ。


(解答)\begin{align} f'(x) &= 2\left(x^2+2x\right)'\\\ &= 2\left(2x+2\right)\\\ &= 4x+4\\\ \end{align}

 

2つの関数の和\(f(x)+ g(x)\)の微分

 

2つの関数\(f(x),g(x)\)を考えます。このとき、以下のことが成り立ちます。

和の微分法

$$\left\{f(x)+g(x)\right\}'= f'(x)+g'(x)$$

小春
2つの関数の和の微分は、それぞれの関数を微分して、もう一回足せばいいのね!

 

この証明は、ただひたすら極限と向き合うのみ。

ポイントは、導関数の定義の形を無理やり作ってあげることです。

 

\begin{align} \left\{f(x)+g(x)\right\}' &= \lim_{h\rightarrow 0}\frac{\left(f\left(x+h\right)+g\left(x+h\right)\right)-\left(f\left(x\right)+g\left(x\right)\right)}{h}\\\ &= \lim_{h\rightarrow 0}\frac{f\left(x+h\right)+g\left(x+h\right)-f\left(x\right)-g\left(x\right)}{h}\\\ &= \lim_{h\rightarrow 0}\frac{\left(f\left(x+h\right)-f\left(x\right)\right)+\left(g\left(x+h\right)-g\left(x\right)\right)}{h}\\\ &= \lim_{h\rightarrow 0}\left(\frac{f\left(x+h\right)-f\left(x\right)}{h}+\frac{g\left(x+h\right)-g\left(x\right)}{h}\right)\\\ &= \lim_{h\rightarrow 0}\frac{f\left(x+h\right)-f\left(x\right)}{h}+ \lim_{h\rightarrow 0}\frac{g\left(x+h\right)-g\left(x\right)}{h}\\\ &= f'(x)+g'(x)\\\ \end{align}

(※見切れている場合はスクロール)

 

 

例題

\(f(x)=2x^2,g(x)=3x\)とする。\(\left\{f(x)+g(x)\right\}'\)を求めよ。


(解答)\begin{align} \left\{f(x)+g(x)\right\}' &= f'(x)+g'(x)\\\ &= 4x+3\\\ \end{align}

 

2つの関数の差\(f(x)- g(x)\)の微分

 

2つの関数\(f(x),g(x)\)を考えます。このとき、以下のことが成り立ちます。

差の微分法

$$\left\{f(x)-g(x)\right\}'= f'(x)-g'(x)$$

小春
あんまり和のときと変わらないね!

 

こちらの証明は、和のときとほとんど変わりません。

符号を変えるだけ、ぜひ自分の手で解いてみてください。

 

定数の微分

 

定数\(k\)を変数\(x\)について微分、つまり導関数を求めるとどうなるのでしょうか。

結論から言うと、次のようになります。

定数の微分

\(f(x)=k\)のとき、

$$f'(x) = 0$$

小春
え、定数は微分すると0になるの?

 

 

実際に証明してみましょう。

大丈夫、これも導関数の定義に従うだけです。

 

\begin{align} f'(x) &= \lim_{h \to 0}\frac{f(x+h)-f(x)}{h}\\\ \end{align}

 

\(f(x)=k\)は変数\(x\)を含んでいないため、\(x\)の値に依存せず、ずっと定数\(k\)のままです。

つまり

$$f(x+h) - f(x) = k - k = 0$$

となるので、

\begin{align} f'(x) &= \lim_{h \to 0}\frac{f(x+h)-f(x)}{h}\\\ &= \lim_{h\to 0} \frac{0}{h}\\\ &= \lim_{h\to 0 } 0\\\ &= 0\\\ \end{align}

となります。

 

例題

\(f(x)=2x^2+11\)とする。\(f'(x)\)を求めよ。


(解答)\begin{align} f'(x) &= \left(2x^2+11\right)'\\\ &= (2x^2)'+(11)'\\\ &= 4x^2 + 0\\\ &= 0 \\\ \end{align}

小春
和の形の微分公式のおかげで分解して考えることができるんだね。

 

まとめ

 

お疲れ様でした。

今回ご紹介した覚えるべき微分法の公式は以下の4つ。

まとめ

$$\left(x^n\right)'=nx^{n-1}$$

$$\left\{k\,f(x)\right\}'= k\,f'(x)(kは定数)$$

$$\left\{f(x)\pm g(x)\right\}'= f'(x)\pm g'(x)$$

$$k' = 0$$

(※見切れている場合はスクロール)

 

どれも微分の計算には欠かせない公式なので、早めに覚えてしまいましょう。

以上、「微分の計算法則について」でした。

 

チェック問題

 

 

例題

関数\(f(x)=x^3-2x^2+1\)を微分せよ。


(解答)$$f'(x)=3x^2-4x$$

 

 

例題

 関数\(\frac{1}{3}x^3-2x^2+x\)を微分せよ。


(解答)$$x^2-4x+1$$

 

\今回の記事はいかがでしたか?/

-文系微分

© 2020 青春マスマティック Powered by AFFINGER5